FW起用の闘莉王が先制点も京都は松本とドロー…勝ち点1を分け合う

4月22日(土)17時4分 サッカーキング

 2017明治安田生命J2リーグ第9節が22日に行われ、京都サンガF.C.と松本山雅FCが対戦した。

 前半をスコアレスで折り返すと、迎えた52分。左サイドからのクロスは一度クリアされたものの、ハ・ソンミンがこぼれ球を拾うと、最後は田中マルクス闘莉王が右足を振り抜く。この試合でFWの位置に入った闘莉王が、起用に応える先制点を挙げた。追いかける松本は63分、工藤浩平のクロスから、前線に上げってきた飯田真輝が押し込み同点とする。

 試合は1−1で終了。両チーム勝ち点1を分け合った。

 次節、京都はアウェイで大分トリニータと、松本はカマタマーレ讃岐と対戦する。

【スコア】
京都サンガF.C. 1−1 松本山雅FC

【得点者】
1−0 52分 田中マルクス闘莉王(京都)
1−1 63分 飯田真輝(松本)

サッカーキング

闘莉王をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ