すでにプロ10球団がマーク。福井の公立校に最速145キロ左腕出現

4月23日(火)7時15分 Sportiva

 プレーボールのコールがかかり、まっさらなマウンドから第1球が放たれた瞬間。この投手がプロの素材であることは十分にわかった。

 身長177センチ、体重75キロのサウスポーは、コンパクトながらバネ仕掛けのような躍動感のあるテイクバックから指先で強くボールを弾き、強烈なスピンのストレートを投げ込んだ。捕手に向かって加速していくように見えるその速球は、相手打者のバットをことごとくかいくぐった。

 左腕の名前は玉村昇悟という。多くの野球ファンが知らないのも無理はない。福井県丹生(にゅう)郡越前町にある丹生高校という公立校のエース。これまで甲子園とは無縁、全国的には無名の存在なのだ。


春季福井県大会1回戦で16奪三振の快投を演じた丹生高校3年の玉村昇悟

 4月20日、春季福井県大会1回戦・三国戦で玉村は快刀乱麻の投球を見せた。大会タイ記録となる8者連続奪三振など、9イニングを投げて16奪三振。出したランナーは振り逃げ1つと四球のみ。ヒット性の当たりを1本も許さなかったためノーヒット・ノーラン達成か……と思いきや、四球で出したランナーが次打者の内野ゴロの打球に触れて守備妨害。打球が当たったランナーはアウトになるが、打者は記録上「ヒット」となるため不思議な1安打完封勝利となった。

 試合後、丹生の春木竜一監督は「ノーヒット・ノーランにならないのは悔しいですね」と笑いつつも、玉村の出来については「あんまりよくなかったと思いますよ。ボールの走りもいつもよりよくなかったし、6〜7割の出来だったんじゃないですか」と答えた。

 そして春木監督は、すぐ近くでクールダウンのキャッチボールをしていた玉村に、「だよね?」と尋ねた。玉村は顔をしかめながら「全然ダメです」と応じた。すると傍らにいたチームメイトが「いらん変化球のフォアボールもあったしな!」とはやし立て、笑いが広がった。その一連のやりとりから、丹生というチームのアットホームな雰囲気が垣間見えた。

 偵察に来ていた高校のスピードガンによると、この日の玉村の最高球速は139キロだった。自身の最速である145キロには及ばない数字である。だが、玉村の真価は球速だけでは測れない。軽い腕の振りでも捕手のミットに収まるまで勢いが死なない。球質のよさにかけては高校球界屈指だろう。この日のバックネット裏には複数球団のNPBスカウトの姿もあり、すでに10球団が玉村の動向をチェックしている。

 クールダウンを終えた玉村は、この日のピッチングを振り返ってこう語った。

「ボールが死んでいて浮くことが多かったですし、狙ったところにもいきませんでした」

 以前までは、春木監督に言わせると「いつも『オリャ〜!』と全力で投げる男気ピッチング」だったという。だが、春木監督の助言を受けながら経験を重ね、打者の顔色を見ながらピッチングに強弱をつけられるようになった。玉村に「ペース配分」について聞いてみると、こんな答えが返ってきた。

「初回にちょっと力を入れて、チームが勝っていたら2回以降は少し抑えめにします。5回が終わった後にグラウンド整備があって仕切り直すので、6回にまたギアを上げて、7〜8回は様子を見て、9回にまた力を入れる感じです」

 ただ恵まれた能力に任せて投げている投手ではない。フォームも自分なりに投げやすい形を模索して、アレンジしているという。春木監督は「トレーニングや食事への探求心もある」と認めている。

 それにしても……と思わずにはいられない。丹生という高校から逸材左腕が育つのは、「ただの偶然なのだろうか?」と。

 今から8年前、丹生には田中優貴というドラフト候補がいた。スカウト陣もその動向を注視したサウスポーの好素材は社会人・三菱自動車岡崎に進み、その後はBCリーグ・福井ミラクルエレファンツでプレーした。全国的な知名度こそないものの、知る人ぞ知る存在だった。

 春木監督に疑問を伝えると、こんな答えが返ってきた。

「丹生郡は伝統的にいいピッチャーが出るんですよ。山もあるし海もあって、自然豊かな土地で体の大きい、いい選手が出てくる。私が高校球児だった30年前もそういう選手が多かったですよ。岩手の大船渡によく似た土地柄かもしれないですね」

 太平洋側の大船渡市で佐々木朗希(出身は陸前高田市)という怪物が育まれた一方、日本海側の越前町では玉村という好左腕が人知れず育っていた。

 玉村はかつて「宮崎村」という名前だった、山あいの小さな土地で生まれ育っている。陶磁器の「越前焼」が有名で、たけのこの名産地でもある。玉村は幼少期にタケノコ掘りをしていたという。

「宮崎地区はどこに行っても竹林がありますから。でも、意外と見つけるのは難しいんですよ。もう土から出てしまっているのはおいしくないので、土の中に埋まっていて、土が1センチくらい盛り上がっているところを掘るんです。ほとんど埋まっているやつがうまいんですよ」

 宮崎中学校の軟式野球部時代から好左腕として強豪校から注目され、県内の私学からも誘いを受けた。だが、玉村は地元の丹生へと進学する。

「とくに行きたい学校もなかったですし、地元の友達がみんな行くというので、ここに行こうと決めました。まさかこんなに成長できるとは思っていませんでしたけど」

 チームメイトのほとんどは、小学校時代から同じ地域で顔を合わせてきた友人である。そんな居心地のいい空間から、今後は生き馬の目を抜くような世界で戦い抜くことができるのか。そんな不安もついて回るが、玉村はこう言った。

「うまい人たちのなかでは自分が一番下だと思っています。でも、うまい人たちとやることで、今まで以上にうまくなれると思うので、そういう世界に行きたいですね。まだ大学に行くのか、社会人に行くのか、それともプロ志望届を出すのか、全然決めていないんですけどね」

 まだ地中に埋まっているタケノコのようなものかもしれない。だが、このタケノコは地上に現れた時こそ食べごろを迎えるはずだ。絶品のストレートは、胸のすく爽快感がある。

Sportiva

「プロ」をもっと詳しく

「プロ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ