イングランドの新星の獲得競争にレアルも参戦か…144億円を用意

4月26日(金)11時15分 サッカーキング

今季のドルトムントで素晴らしい活躍を見せるサンチョ [写真]=Getty Images

写真を拡大

 ドルトムントに所属するイングランド代表FWジェイドン・サンチョの獲得競争に、レアル・マドリードも加わるようだ。25日にドイツ紙『ビルト』が報じた。

 今シーズンのブンデスリーガで30試合に出場し、11ゴール16アシストと大活躍を見せているサンチョには、マンチェスター・Uが特に強い興味を示している。

 しかし、レアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督も、今夏のFW陣の再編成に向けて、この19歳の新星を1億ポンド(約144億円)で獲得することをフロレンティーノ・ペレス会長に要請した模様だ。

 エデン・アザール(チェルシー/ベルギー代表FW)が合意間近と伝えられ、キリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン/フランス代表FW)やルカ・ヨヴィッチ(フランクフルト/セルビア代表FW)などの獲得の噂も出るなか、“白い巨人”は新たなFWをリストに加えることになるのだろうか。

サッカーキング

「レアル」をもっと詳しく

「レアル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ