リカルド、タイヤのフラットスポットで走行切り上げ「ブレーキの面で改善が必要」:ルノー F1アゼルバイジャンGP金曜

4月27日(土)16時24分 AUTOSPORT web

 2019年F1アゼルバイジャンGPの金曜、ルノーのダニエル・リカルドはフリー走行1=ノータイム/2=15番手だった。


 FP1は開始から約10分でコース上にトラブルが発生したため中断、そのままセッションは再開されなかった。そのためリカルドは午前中には計測ラップを1周も走らずに終わった。


 FP2では2セットのタイヤにフラットスポットを作ってしまい、使えるタイヤがなくなったために、セッション終盤は走行できなかった。

2019年F1第4戦アゼルバイジャンGP ダニエル・リカルド(ルノー)
2019年F1第4戦アゼルバイジャンGP ダニエル・リカルド(ルノー)


■ルノーF1チーム

ダニエル・リカルド フリー走行1=ノータイム/2=15番手

 今日は何度か走行を中断された。FP2では1周だけクリーンなラップを走れて、それはそれほど悪くなかったと思う。でも、2セットのタイヤで2回ブレーキをロックアップし、大きなフラットスポットがふたつできてしまった。その結果、走行を続けられなくなった。


 明日までに解決すべきことがいくつかある。特にブレーキの面でもっと改善していかなければならない。


AUTOSPORT web

「タイヤ」をもっと詳しく

「タイヤ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ