クビアト、リカルドにヒットされ入賞圏内からリタイア「彼にバックミラーを買ってあげることにするよ」:トロロッソ・ホンダ F1アゼルバイジャンGP日曜

4月29日(月)10時24分 AUTOSPORT web

 2019年F1アゼルバイジャンGP決勝で、レッドブル・トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトはリタイアに終わった。


 6番グリッドからスタートしたクビアトだが、スタートタイヤの性能が早々に低下したため、5周目にタイヤ交換を行った。最後尾に落ちた後、ポイント圏内の10番手まで浮上。しかしルノーのダニエル・リカルドとのバトルのなかで、リカルドがエスケープゾーンに飛び出した際にクビアトもコース上でストップ。その直後、バックでコースに復帰しようとしたリカルドが、クビアトに気付かずにヒットした。この接触によってクビアトのマシンはダメージを負い、33周でリタイアしなければならなくなった。


 このアクシデントに関してリカルドは責任ありと判断され、次戦スペインGPでの3グリッド降格ペナルティを科された。

2019年F1第4戦アゼルバイジャンGP ダニール・クビアト(トロロッソ・ホンダ)
2019年F1第4戦アゼルバイジャンGP ダニール・クビアト(トロロッソ・ホンダ)


■レッドブル・トロロッソ・ホンダ

ダニール・クビアト 決勝=リタイア

 自分に何の落ち度もないのにリタイアしなければならないなんて、あまりいい一日ではなかった。でもレースではこういうことが起きる日もある。ダニエルとは何のわだかまりもないよ。彼はミスを認めたし、互いにこのことは忘れて前に進む。


 もちろん、1ポイント獲得できると思っていただけに、あの瞬間はがっかりしたけれど、あの場合、僕にはどうすることもできなかった。


 昨日の予選ではマシンがすごく好調だったが、今日はタイヤのマネジメントに苦労した。これからその理由を探り、次のレースに臨む。僕らのパッケージは優れている。いずれはいい結果を出せる日がくるはずだ。


(Formula1.comのインタビューで語り)自分がミスをしたときにいつも言うことだけど、レースではこういうことが時には起きるものだ。次のレースのために、ダニエルにバックミラーを買ってあげることにするよ!



AUTOSPORT web

「リタイア」をもっと詳しく

「リタイア」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ