磐田、3連勝逃すも2点差追い付き勝ち点1獲得…札幌は逃げ切れず3戦未勝利

4月30日(日)16時59分 サッカーキング

ジュビロ磐田と北海道コンサドーレ札幌が対戦した [写真]=JL/Getty Images for DAZN

写真を拡大

 2017明治安田生命J1リーグ第9節が30日に行われ、ジュビロ磐田と北海道コンサドーレ札幌が対戦した。

 試合は早い時間に動く。3分、左サイドからのクロスに横山知伸が右足で合わせ、アウェイの札幌が先制した。さらに16分、今度は右からのクロスを都倉賢がヘディングでゴール右に叩き込み、札幌のリードが広がった。

 2点を追いかける磐田は60分、エリア内左でパスを受けた川又堅碁が左足のシュートを流し込んで1点差に詰め寄る。さらに65分、エリア手前左で得たFKを上田康太が左足で直接狙うと、わずかに壁に当たったボールがゴール左上に吸い込まれ、試合は振り出しに戻った。

 逆転を狙う磐田は84分、エリア内右で受けた小川航基が右足を振り抜いたが、強烈なシュートは惜しくもクロスバーを直撃。試合はこのままタイムアップを迎え、2−2の引き分けに終わった。

 次節、磐田は5月7日にアウェイでヴァンフォーレ甲府と、札幌は同日にホームで大宮アルディージャと対戦する。

【スコア】
ジュビロ磐田 2−2 北海道コンサドーレ札幌

【得点者】
0−1 3分 横山知伸(札幌)
0−2 16分 都倉賢(札幌)
1−2 60分 川又堅碁(磐田)
2−2 65分 上田康太(磐田)

サッカーキング

この記事が気に入ったらいいね!しよう

札幌をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ