スーパーGT:第2戦富士が開幕も濃霧が立ち込め公式練習はスタートディレイ

5月3日(木)9時15分 AUTOSPORT web

 5月3日に富士スピードウェイで開幕したスーパーGT第2戦富士。予選日となる3日(木)の8時40分にスタート予定だった公式練習はサーキットが深い霧に包まれた影響でスタート時刻がディレイされている。


 ゴールデンウイーク恒例となったスーパーGT第2戦富士。首都圏からアクセスしやすい富士での開催で、レースも通常より200km長い500kmで争われることなどから、シリーズでもっとも多くの動員数を誇る1戦だ。


 しかし、この予選日には日本列島に前線が接近した影響で東日本の太平洋側を中心に大雨。富士スピードウェイがある静岡県小山町も前日夜から雨が降り続いた上、予選日はサーキット全体に霧が立ち込めるコンディションに。


 この影響でスーパーGT公式練習前に行われたFIA-F4選手権の公式予選もセッション中に赤旗が出され、そのまま終了。その後も霧が深くなっていき、ピット上にあるメディアセンターからはグランドスタンドを視認することすら困難な状況となっている。


 このため、スーパーGTの公式練習は視界不良のためスタートディレイが宣言。9時10分時点で、少なくとも9時30分までセッションが開始されないことがアナウンスされている。

メディアセンターからはグランドスタンドを視認するのが困難な状況に
メディアセンターからはグランドスタンドを視認するのが困難な状況に


パドック側は富士山はもちろん、レストランORIZURUも霧で見えなくなってしまった
パドック側は富士山はもちろん、レストランORIZURUも霧で見えなくなってしまった

AUTOSPORT web

「スーパー」をもっと詳しく

「スーパー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ