45歳でもF1で走ると決めたアロンソのモチベーションをライバルたちが称賛「長く続けてほしい」とハミルトン

2024年5月3日(金)7時22分 AUTOSPORT web

 アストンマーティンのフェルナンド・アロンソが、45歳になる2026年の末までF1でレースを続ける決断をしたことについて、他のドライバーたちは畏敬の念を示している。


 自身もベテランであるレッドブルのセルジオ・ペレスは、「フェルナンドのことをとても尊敬している。45歳や50歳までドライブできるからではない。長い年月を経て、それでも彼がF1に対して持ち続けているモチベーションのレベルを尊敬するのだ」と述べている。


「ドライバーは望むだけ続けられると思う。肉体的な制限はない。それはよりモチベーションに関係していることだと僕は思う。レースの数は多く、F1は人生から多くのものを奪う。このスポーツにはすべてを捧げることになる。そうしたことをこれほど長く続けることについて、僕はフェルナンドをとても尊敬しているんだ」


 レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、「フェルナンドは少し休んでいた時期があった。その後、おそらく100パーセントを捧げてF1で戦うための熱意を取り戻したのだろう」と振り返り、次のように認めた。「僕は自分が45歳になるまでここにいるとは思わないが、それでも先のことは分からない」

2024年F1第5戦中国GP 予選3番手のフェルナンド・アロンソ(アストンマーティン)、ポールのマックス・フェルスタッペン(レッドブル)、FIA会長モハメド・ビン・スライエム


 かつての最大のライバルである39歳のルイス・ハミルトンは、フェラーリと2025年からの複数年契約を結んでいる。


「自分が40代になってもレースをしているとは思っていなかった。40代でレースはしないと以前言ったのは確かだけど、人生はとてもクレイジーな旅だ。自分が40歳近くになったという感じはしない。自分はまだ本当に若いと感じているんだ」


 ベテランのハミルトンは、体力面で、若きチームメイト、ジョージ・ラッセルに負けてはいないと言う。


「ジョージは今の僕よりもフィジカル面に問題を抱えていると思うよ。彼がフィジオと過ごす時間を増やしていることは知っている。僕は全体的に見て最高の状態だ。これは本当にポジティブなことだと思う」


 ハミルトンは、自分は当分レースを続けるつもりであり、アロンソにも長く走り続けてほしいと語った。


「フェルナンドは、このスポーツの歴史のなかでも最高のドライバーのひとりだ。僕たちはここにとどまり、彼のようなパフォーマンスを発揮し続ける。それが可能であることが証明されているからね」


「そしてそのことは、アスリートの新しい時代を示している。つまり、人間の身体に何ができるのか、それを育めば何を継続できるのかということだ。僕はまだしばらくの期間レースをするつもりだ。彼がまだ現役でいるのは間違いなく素晴らしいことだし、もう少し長く続けてほしいと願っているよ」

2024年F1バーレーンGP フェルナンド・アロンソ(アストンマーティン)とルイス・ハミルトン(メルセデス)


投稿 45歳でもF1で走ると決めたアロンソのモチベーションをライバルたちが称賛「長く続けてほしい」とハミルトンautosport webに最初に表示されました。

AUTOSPORT web

「称賛」をもっと詳しく

「称賛」のニュース

「称賛」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ