MLB入りを2度拒否した右腕の“始球式大暴投”が話題「わざとか?」

5月3日(金)21時59分 フルカウント

NBAで活躍中のコノートンがブルワーズ-ロッキーズ戦で始球式も大暴投

 NBAで活躍しているパット・コノートンが1日(日本時間2日)にブルワーズ-ロッキーズ戦で始球式を務めたものの、右打者ボックス付近を通過する大暴投。かつてMLB球団からのドラフト指名を2度拒否した“右腕”の始球式暴投が、一部ファンの間で話題となっている。

 高校時代にアメフト、バスケ、野球と複数のスポーツで活躍していたコノートンは11年ドラフトでパドレスから38巡目で指名されたが、バスケを続けるためにノートルダム大へ進学。その後14年ドラフトでオリオールズから4巡目指名を受けたものの、NBA選手としての活躍を望んでMLB入りを“拒否”していた。

 米スポーツ局「ESPN」はコノートンの始球式の動画を公式ツイッターでアップすると、ファンからは様々なコメントが寄せられた。

「実のところボールはなかなか素晴らしい動きをしている」

「彼は現在ブルワーズの先発投手たちのように見えるね」

「今シーズンのブルワーズの投手陣を正確に表している」

「ワォ」

「今ならわかるだろ。ビーンボールを打者に投げるのは簡単なことではないんだ」

「それでもオリオールズの半分の投手たちより良いね」

「その(後方の)女性は全く動かなかった」

「わざとか?」

 現在はNBAに所属しているコノートン。まずはNBAでの躍動を期待したいものだ。(Full-Count編集部)

フルカウント

「始球式」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「始球式」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ