鷹千賀7回無失点で3勝目 工藤監督称賛「要所でしっかり抑えるのは、すごく成長」

5月4日(土)18時52分 フルカウント

デスパイネは脚の張りで交代も「そんなに心配していない」

■ソフトバンク 4-0 オリックス(4日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクは千賀滉大投手の好投、松田宣浩内野手の連日の活躍でオリックスに4-0で快勝。3連勝を飾った。

 先発の千賀が7回を無失点、打線も序盤にオリックスの先発・成瀬から4点を奪って試合を終始優位に進めた。千賀は降板後に「調子はあまり良くなかった」とコメントしたが、工藤公康監督は「それでも要所でしっかり抑えるのは、すごく成長しているところ。(調子が)悪い時でも集中力を切らさずにしっかり抑えてくれたのは、ナイスピッチングだと思います」とした。

 5試合連続2桁奪三振まであと1個という中、7回での降板となったが「球数もいってしまったし、疲労も出てくる頃と思ったので、ピッチングコーチと話をして7回でやめさせました」と語った。

 また、松田宣とグラシアルによる初回の得点について「先制すると打線も気持ちが楽になる。あの2点目も非常に大きかった」と称賛。グラシアルの復帰後2戦連続での活躍には「いてくれると心強い。今日もしっかり打ってくれたし、集中力を保てているね」と賛辞を送った。

 3回に四球で出塁したデスパイネに代走を出したが「そんなに心配していませんが、脚に少し張りがあるということで早目に代えました。明日も明後日も試合があるんでね。(試合に)出られないというわけではありません」と、念には念を入れての交代であったことを明かした。(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

フルカウント

「オリックス」をもっと詳しく

「オリックス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ