【MLB】ダルビッシュ、投手に痛恨の2点適時打浴びる 4回を投げ終え5失点と苦しい展開

5月5日(日)6時20分 フルカウント

4回1死満塁から投手のワカに2点タイムリー、カーペンターに右前適時打浴びる

■カブス – カージナルス(日本時間5日・シカゴ)

 カブスのダルビッシュ有投手が4日(日本時間5日)、本拠地でのカージナルス戦で3勝目を目指し今季7度目の先発マウンドに上がった。4回にワカに2点タイムリーを許すなど5失点と苦しい展開となった。

 初回は2死からデヨングに四球と二盗を許し2死二塁のピンチを背負う。だが、オズナを90.7マイル(約146キロ)のツーシームで空振り三振を奪い無失点で切り抜けた。

 1点リードで迎えた2回。先頭のJ・マルティネスに初球93マイル(約150キロ)のツーシームを左翼席に運ばれ同点に追い付かれる。これで4月10日(同11日)のパイレーツ戦から5戦連続被弾となった。

 3回は先頭のピッチャー・ワカに三塁線を破る二塁打を許すと、続くカーペンターに中堅へタイムリー二塁打を浴び勝ち越しを許した。それでも続くゴールドシュミットを空振り三振、デヨングを三ゴロ、オズナを空振り三振に仕留めた。

 4回は先頭のマルティネスに右翼線へ二塁打を浴びると1死二塁からファウラー、ウォンに連続四球を与え満塁。ここでワカに左前へ2点タイムリーを浴びると、続くカーペンターにも右前適時打を浴びこの回3点を失った。(Full-Count編集部)

フルカウント

「ダルビッシュ」をもっと詳しく

「ダルビッシュ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ