【MLB】ダルビッシュ、5回途中5失点も女房役は擁護 「試合を見ていない人たちは誤解する」

5月5日(日)13時30分 フルカウント

4回に同点に追いつくメジャー初本塁打の1号満塁アーチを放ったデービス

■カブス 6-5 カージナルス(日本時間5日・シカゴ)

 カブスのダルビッシュ有投手が4日(日本時間5日)、本拠地カージナルス戦に先発し4回0/3、6安打5四球、4奪三振、今季ワースト5失点で降板。試合を壊しかける投球に、本拠地リグレー・フィールドのカブスファンからブーイングも起きたが、満塁弾で逆転勝利の立役者となった女房役は「試合を見ていない人たちは誤解するかもしれないが」と日本人右腕を完全擁護している。地元紙「シカゴ・トリビューン」が報じている。

 制球難から失点を重ねていた日本人右腕を救ったのはテイラー・デービス捕手だった。4回にメジャー初ホームランとなる1号満塁弾で同点に追いつき最高の援護射撃に成功したが、当のダルビッシュは5回に先頭打者から連続四球で降板となった。

 81球で無念の降板となったダルビッシュにファンの罵声は厳しかったが、デービスは完全擁護に出た。

「ユウはいいボールを投げていたんだ。試合を見ていない人たちが結果を見て誤解するだろう。だが、彼は結局のところ、素晴らしいボールを何球も投げていたんだよ」

 4月27日(同28日)のダイヤモンドバックス戦で6回2安打8奪三振の好投時にもマスクを被っていた女房役は優しいフォローを入れつつ、日本人右腕の球威やクオリティには問題ないと力説していた。

 チームは6-5で勝利し6連勝を飾った。ダルビッシュもチームのいい流れに乗りたいところだ。(Full-Count編集部)

フルカウント

「ダルビッシュ」をもっと詳しく

「ダルビッシュ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ