サラー、3年連続で2桁得点&アシストを達成…プレミア史上初の記録に

2024年5月6日(月)12時6分 サッカーキング

プレミアリーグ史上初の快挙を達成したサラー [写真]=Getty Images

写真を拡大

 リヴァプールに所属するエジプト代表FWモハメド・サラーが、プレミアリーグ史上初の快挙を達成した。

 サラーは5日に行われたプレミアリーグ第36節のトッテナム戦に先発出場すると、0−0で迎えた16分にコーディ・ガクポのクロスに頭で合わせて先制点をマーク。さらに、59分にはハーヴェイ・エリオットの華麗なミドルシュートをアシストするなど、1ゴール1アシストを記録して4−2での勝利に貢献した。

 この結果、サラーは今シーズンのリーグ戦で18ゴール10アシストに到達。プレミアリーグ公式X(旧ツイッター)によると、2021−22シーズン(23ゴール13アシスト)、2022−23シーズン(19ゴール12アシスト)に続いて今季も2桁得点&アシストを記録したことで、サラーは3シーズン連続で同記録を達成したプレミアリーグ史上初の選手になったという。

 また、データサイト『OPTA』によると、1シーズンに2桁得点&アシストを記録したのが5回目となったサラーは、元イングランド代表FWウェイン・ルーニー氏に続いてプレミアリーグ史上2人目の選手になったことも伝えられている。


【ハイライト動画】リヴァプールvsトッテナム

サッカーキング

「アシスト」をもっと詳しく

「アシスト」のニュース

「アシスト」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ