宮崎退場の磐田、最後まで粘り勝ち点1…甲府はウイルソン投入も得点奪えず

5月7日(日)15時58分 サッカーキング

先発した中村は86分までプレーした [写真]=Getty Images for DAZN

写真を拡大

 2017明治安田生命J1リーグ第10節が7日に行われ、ヴァンフォーレ甲府とジュビロ磐田が対戦した。

 リーグ戦2連勝を狙う甲府は、前節のヴィッセル神戸戦からスタメンを1名変更。神戸戦で決勝点を挙げた堀米勇輝に代わり、ドゥドゥがスタメンに抜擢された。対するジュビロ磐田は負傷中だったムサエフと中村俊輔がスタメンに復帰している。

 前半終了間際の43分、甲府は兵働昭弘がミドルシュートで狙ったが、GKカミンスキーの好セーブに阻まれた。前半はスコアレスで折り返す。

 後半に入り63分、宮崎智彦が2枚目の警告を受け退場となる。その後、甲府は堀米、さらにケガから復帰したウイルソンと攻撃的な選手を投入したが、最後までゴールネットを揺らすことができずにタイムアップ。

 試合は0−0で終了。勝ち点1を分け合う結果となった。

 次戦は10日、2017JリーグYBCルヴァンカップグループステージ第5節で甲府はアウェイでヴィッセル神戸と対戦。磐田もアウェイで清水エスパルスとの静岡ダービーに臨む。

【スコア】
ヴァンフォーレ甲府 0−0 ジュビロ磐田

サッカーキング

「退場」をもっと詳しく

「退場」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ