監督交代の鳥栖が7試合ぶりゴールで勝利! 敗れたG大阪は7試合未勝利

5月11日(土)15時56分 サッカーキング

サガン鳥栖が3発快勝でG大阪に勝利

写真を拡大

 明治安田生命J1リーグ第11節が11日に行われ、サガン鳥栖とガンバ大阪が対戦した。

 30度近い気温の下で行われた試合で先制に成功したのは、リーグ戦10試合で1得点と深刻な得点力不足に悩むホームの鳥栖だった。16分、原川力のコーナーキックをイサック・クエンカがヘディングで合わせて、待望のシーズン2点目を記録した。

 さらに、72分にはクエンカの仕掛けから獲得したPKを豊田陽平が沈め、鳥栖が追加点の獲得に成功した。

 90分、途中交代のフェルナンド・トーレスのシュートのこぼれ球を原川が詰めて鳥栖が3点目を奪う。その2分後に食野亮太郎が見事なドリブル突破からゴール右上隅にシュートを突き刺しG大阪が一点を返すも、試合はこのまま終了した。

 攻守に渡ってアグレッシブなサッカーを展開し勝利を収めた鳥栖は7試合ぶりの勝ち点3獲得となった。一方、敗れたG大阪はこれでリーグ戦7試合未勝利と苦しい状況が続いている。次節、鳥栖はアウェイのサンフレッチェ広島戦を、G大阪はセレッソ大阪との“大阪ダービー”をそれぞれ迎える。

【スコア】
サガン鳥栖 3−1 ガンバ大阪

【得点者】
1−0 16分 イサック・クエンカ(鳥栖)
2−0 72分 豊田陽平(鳥栖)
3−0 90分 原川力(鳥栖)
3−1 90+2分 食野亮太郎(G大阪)

【スターティングメンバー】
サガン鳥栖(4−4−2)
高丘陽平;小林祐三、高橋祐治、高橋秀人、三丸拡;松岡大起、福田晃斗、原川力、イサック・クエンカ;金崎夢生(67分 高橋義希)、豊田陽平(85分 フェルナンド・トーレス)

ガンバ大阪(4−2−3−1)
東口順昭;菅沼駿哉、米倉恒貴(77分 矢島慎也)、金英權、オ・ジェソク(70分 黒川圭介);今野泰幸倉田秋;小野瀬康介、遠藤保仁(46分 食野亮太郎)、アデミウソン;ファン・ウィジョ

サッカーキング

「交代」をもっと詳しく

「交代」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ