【MLB】大谷翔平、2戦ぶり2度目のマルチ! 指揮官も高評価「今までで1番良かった」

5月12日(日)9時3分 フルカウント

第3打席で11打席ぶり安打となる左前安打、第5打席に右前適時打を放つ

■エンゼルス 7-2 オリオールズ(日本時間12日・ボルティモア)

 エンゼルスの大谷翔平投手が11日(日本時間12日)、敵地オリオールズ戦に5試合連続「3番・DH」でスタメン出場し、5打数2安打1打点と2試合ぶりにマルチ安打を記録した。第3打席で右腕イノーアから11打席ぶりの安打となる左前安打を放つと、第5打席でも右前適時打。5打数2安打1打点1得点とし、チームも7-2で快勝。試合後、ブラッド・オースマス監督は「オオタニは今日が1番良かった」と評価した。

 前日の試合は5打席無安打。この日も、第1打席は中飛、第2打席は左飛に倒れ、9日(10日)のタイガース戦の3打席目から10打席連続無安打が続いた。待望の一打は6回。先頭打者として打席に入った大谷は2球目、右腕イーノアが投じた外寄りの真っ直ぐをはじき返すと、打球は左前で弾んだ。2試合ぶり、11打席ぶりの安打を放つと、その後カルフーンの中前適時打で生還。復帰後初得点もマークした。

 快音はこれだけでは終わらなかった。7回の第4打席は左飛に倒れたが、4点リードとなった9回1死二塁で5打席目が巡ってきた。3ボール1ストライクからの5球目、右腕ヤカボニスが投じた真ん中低めの真っ直ぐをはじき返すと、打球は右前へ。二塁走者のシモンズが生還するタイムリーとなり、7点目を生み出した。

 エンゼルスはプホルスの2打席連発などで7点を奪い取って3連勝。大谷の復帰後は4勝1敗と上り調子となっている。大谷自身も徐々に状態の良化を感じさせており、オースマス監督も「今日の大谷が1番良かったと思う。第1打席のセンターライナーもいい打球だったし、打点も稼げた。今までで1番良かった」と語っていた。(Full-Count編集部)

フルカウント

「大谷翔平」をもっと詳しく

「大谷翔平」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ