【MLB】大谷翔平、第4打席は左飛 第3打席に11打席ぶり安打放ち、復帰後初得点マーク

5月12日(日)7時43分 フルカウント

第3打席で右腕イノーアから左前安打を放つ

■オリオールズ – エンゼルス(日本時間12日・ボルティモア)

 エンゼルスの大谷翔平投手が11日(日本時間12日)、敵地オリオールズ戦に5試合連続「3番・DH」でスタメン出場し、2試合ぶりの安打を放った。前日は5打席無安打に終わっていたが、第3打席で右腕イノーアから左前安打を放って11打席ぶりに快音を響かせ、第4打席は左飛に倒れた。

 6回の先頭打者として打席に入った大谷。初球をファウルにすると、2球目、右腕が投じた外寄りの真っ直ぐを弾き返すと、打球は左前に弾んだ。復帰後初安打を含む2安打を放った9日(10日)のタイガース戦以来、2試合ぶり、11打席ぶりの安打となった。続くプホルスが左前安打を放つと、相手バッテリーのミスで三塁へ進み、カルフーンの中前適時打で生還。復帰後初得点をマークした。この回、大谷の安打を皮切りにエンゼルスは打者9人の猛攻で3点を追加し、リードを広げた。

オリオールズの本拠地ボルティモアは元祖・二刀流ベーブ・ルースの生誕の地。昨年6月の遠征時には故障者リスト入りしていた大谷にとって、この遠征がボルティモア初見参となった。前日の第1戦は2打席連続三振のあと、遊ゴロ、三ゴロ、左飛に倒れ、5打席無安打。この日の第1打席は中飛、第2打席は左飛に終わり、復帰初安打を含むマルチ安打を放った9日(10日)のタイガース戦の第3打席から10打席連続で無安打が続いていた。

 大谷は7回、再び先頭打者として第4打席に。右腕のクラインと対戦し、初球は見逃しのストライク。2球目、前打席と同じような外寄りの真っ直ぐを捉えた打球は痛烈なライナーとなったが、左翼手の守備範囲に飛び、左飛に終わった。(Full-Count編集部)

フルカウント

「大谷翔平」をもっと詳しく

「大谷翔平」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ