【MLB】大谷翔平、2戦ぶりマルチ安打に良化実感「確実に進んている感覚がある」

5月12日(日)9時16分 フルカウント

第3打席で11打席ぶりに左前安打、第5打席では右前適時打を放つ

■エンゼルス 7-2 オリオールズ(日本時間12日・ボルティモア)

 エンゼルスの大谷翔平投手が11日(日本時間12日)、敵地オリオールズ戦に5試合連続「3番・DH」でスタメン出場し、5打数2安打1打点と2試合ぶりにマルチ安打を記録した。第3打席で右腕イノーアから11打席ぶりの安打となる左前安打を放つと、第5打席でも右前適時打。5打数2安打1打点1得点とし、試合後は「最初の打席から感じは良かったかなと思うので、5打席立って、各打席良かったと思います」と振り返った。

 前日の試合は5打席無安打。この日も、第1打席は中飛、第2打席は左飛に倒れ、9日(10日)のタイガース戦の3打席目から10打席連続無安打が続いた。待望の一打は6回。先頭打者として打席に入った大谷は2球目、右腕イーノアが投じた外寄りの真っ直ぐをはじき返すと、打球は左前で弾んだ。2試合ぶり、11打席ぶりの安打を放つと、その後カルフーンの中前適時打で生還。復帰後初得点もマークした。

 7回の第4打席は左飛に倒れたが、4点リードとなった9回1死二塁で回ってきた第5打席では右前適時打。3ボール1ストライクからの5球目、右腕ヤカボニスが投じた真ん中低めのボールをはじき返すと、打球はライトへ。この日は5打数2安打1打点1得点だった。

 2試合ぶりのマルチ安打を記録した大谷は試合後「いい時というのはああいうのに反応できたりとか、ファウルにしないでヒットゾーンに飛ばすことができるので、いい傾向かなと思います。1打席目からこの打席まで流れがあってきているので、相手がいることなので配球も変わってくれば、自分の取り組みも変わってくる。無駄な打席なく確実に進んでいる感覚はあります」と語り、自身の打撃の状態が確実に上向いていることを実感していた。(Full-Count編集部)

フルカウント

「大谷翔平」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「大谷翔平」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ