「壁の配置がちょっと…」隙を見逃さなかった天野、直接FKで今季2点目

5月12日(土)23時28分 サッカーキング

直接FKで同点弾を挙げた [写真]=J.LEAGUE

写真を拡大

 そろそろ欲しいと思っていた頃だった。

 1点ビハインドで迎えた61分、ペナルティーエリア左で得たFKに集まったのは、ウーゴ・ヴィエイラと山中亮輔、そして天野純。ゆっくり下がって、ボールに向かった天野は、壁の左上を狙ってボールを蹴り上げた。

「一番端の選手が(藤本)淳吾さんだったので、その上を狙えば入るかなと思って。そのイメージどおりにいったので、入りました」

 壁に立ったのは、左から藤本淳吾、長沢駿、ファビオ、マテウスの4人。「壁の配置がちょっと間違えているのかなって(笑)。端が一番小さかったので、(蹴りやすくて)ありがたかったです」と笑顔を見せた。

 今季はリーグ戦2ゴール目。待望の初ゴールは3試合前の鹿島アントラーズ戦で、この日と同じFKから直接決めた。「今はフィーリングがいいので、あそこでファウルをもらったら、今後もだいぶ高い確率で決まるかなと思う」と自信をのぞかせる。

 同じレフティーで“蹴り方が似てる”と称される中村俊輔(ジュビロ磐田)について、「真似していないと言えば嘘になる。見て、学んでいるので」と明かす。「(中村は)左足1本で勝負を分ける選手なので、それを継承していきたいし、その責任は自分にあると思う」。偉大なる先輩への敬意を口にした。

「(自分も)特別な選手になっていきたい。勝負を決めるような選手になりたい」

 天野の左足で試合を決める日も、そう遠くはないのかもしれない。

サッカーキング

「藤本淳吾」をもっと詳しく

「藤本淳吾」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ