32歳MFミケルがロシアW杯以来のナイジェリア代表復帰!長友と岡崎同僚も選出

5月15日(水)17時0分 フットボールチャンネル

 ナイジェリアサッカー協会は現地時間の14日、エジプトで開催されるアフリカネーションズカップに臨むメンバー25名を発表した。メンバーには昨年のロシアワールドカップで主将を務めたミドルスブラに所属するMFジョン・オビ・ミケルが復帰となった。

 ミケルは2017年1月に11年間在籍したチェルシーを離れ、中国スーパーリーグの天津泰達足球倶楽部に移籍。その後、今年1月にミドルスブラに加入した。昨年のロシアワールドカップでは主将としてナイジェリア代表を牽引。それ以降、怪我の影響やクラブに専念するため、代表には呼ばれていなかった。

 ミケルの他にはガラタサライに所属する日本代表DF長友佑都と同僚のFWヘンリー・オニェクル、レスター・シティでFW岡崎慎司と同僚のMFウィルフレッド・ディディとFWケレチ・イヘアナチョも選出された。さらに、アーセナルFWアレックス・イウォビらも順当に名を連ねた。

 ナイジェリア代表は来月21日に開催されるアフリカネーションズカップでグループBに入り、ギニア、マダガスカル、ブルンジとそれぞれ対戦することになっている。

フットボールチャンネル

「ロシア」をもっと詳しく

「ロシア」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ