阪神乱打戦制し連勝、巨人菅野が大誤算で4連敗

5月15日(水)22時5分 日刊スポーツ

巨人対阪神 6回表阪神2死一塁、左越え2点本塁打を放つ大山(撮影・前田充)

写真を拡大


<巨人8−13阪神>◇15日◇東京ドーム

阪神は1回に糸井の2号2ラン、マルテの適時二塁打で3点を先制。2回にも2点を追加。巨人は3回に石川が2号ソロを放った。
巨人は4回に2点を返したが、阪神は5回に福留のソロ、6回は木浪、大山の2ランで追加点。巨人菅野は6回途中10失点で降板。
終盤も両軍点を取り合ったが、阪神が逃げ切り今カードを勝ち越した。巨人は4連敗。菅野の乱調が誤算だった。

日刊スポーツ

「巨人」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「巨人」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ