高津臣吾が徹底した秋山、清原対策。極意は「低く遠く、近く強く」だ

5月15日(水)6時37分 Sportiva

西武×ヤクルト “伝説”となった日本シリーズの記憶(32)
【クローザー】ヤクルト・高津臣吾 後編

デストラーデの不在が大きかった1993年シリーズ

——1993年日本シリーズも、前年に続いてライオンズとの激突となりました。この年のライオンズについて、どのような印象を持っていましたか?

高津 前年と比べて、ものすごく大きかったのは(オレステス・)デストラーデがいなかったことです。代わりに鈴木健が入ったりしましたけど、先発オーダーに外国人選手がいなかった。僕は1992年のシリーズに出場していないので、デストラーデと対戦はしていないけど、彼の存在は脅威でしたからね。


1993年の日本シリーズで3セーブを挙げた高津 photo by Kyodo News

——西武の黄金期を支えたAKD(秋山幸二清原和博・デストラーデ)のうち、「D」が抜けたのは、心理的にも有利に働いたのですね。戦前のミーティングで話し合われた、具体的な「秋山対策」「清原対策」などは記憶にありますか?

高津 そうですね。もちろん、秋山さん、清原さん、鈴木健も長打警戒のマークが必要でしたけど、デストラーデがいなかったことは心理的にも大きかったと思います。秋山さん対策は、「いかに低く、低く投げられるか」がポイントでした。結果的に僕は秋山さんを抑えたけど、ワンバウンドになるような低めのシンカーを多投して、空振りを奪っていました。清原さんに対しては、「外角の緩い球、半速球はダメだ」というのを徹底しました。投げるならインコースに強い球で、できれば高めがいい。一度、どこかで外の変化球を見せておいて、インコースで勝負する。そんなイメージでした。

——キャッチャーの古田敦也さんとはどのようなことを話し合っていたのですか?

高津 僕は球種が少なく、ほぼ真っ直ぐとシンカーだけだったので、大切なのは「真っ直ぐを四隅のどこに投げるのか」ということと、「シンカーを打者の近くに投げるのか、外に投げるのか」ということ。気をつけるのはそれぐらいでした。古田さんは「高津はこれを投げたいんだな」とか、「今日はこのボールが調子がいいな」と、いつも考えていたと思いますけど、僕自身も古田さんの考えていることはだいたい理解できていたと思います。

投球のポイントは「低く遠く、近く強く」


当時を振り返る高津氏 photo by Hasegawa Shoichi

——待望のシリーズ初登板は1993年の第2戦、西武球場での一戦となりました。

高津 5−2でリードしていたので、比較的ラクな場面でした。8回裏からの登板でしたよね? もちろんドキドキもあったけど、緊張はなかったし、ワクワクの興奮のほうが強かったと思います。いつもと変わらず、わりと冷静にいろんなことを判断しながら、試合に入れました。3点差あって、「ひとり走者を出して一発を打たれても大丈夫だ」というのはすごく気がラクで、「ひとりずつ丁寧にアウトを取っていこう」と考えられるんです。このときは2イニングでしたから、相手打者の顔ぶれを見ながら、「6個のアウトをひとつずつ丁寧に」という心境だったと思います。

——この日は2イニングを投げて被安打1、4つの三振を奪って無失点でした。

高津 シリーズ前には、「自分のボールの何が通用して、何が通用しないのか」という不安が多少はありました。でも、この日の登板で、僕のシンカーに西武打線はほとんどタイミングが合っていないのがわかりました。どのバッターも、かなり崩れたスイングで空振りしていましたし、「これ、いけるんじゃないかな?」と、この時に感じました。

——この連載にも登場した、当時のライオンズ1軍守備・走塁コーチ、伊原春樹さんが「1993年は高津にやられた」と話していたのが印象的でした。

高津 伊原さんにそう言われるのは嬉しいですね。実際にマウンドに立っていても、「何を投げても打たれそうだ」という感覚はまったくなかったです。もちろん、甘いところに投げたら打たれる危険性や怖さはありましたけど、僕がきちんとタイミングを変えながら、「低く遠く、近く強く」投げられれば打たれないとは思っていました。

——ポイントは「低く遠く、近く強く」なんですね。

高津 そうですね。それは強く意識していました。コントロールミスをしないで、しっかりと自分の投球ができていれば間違いはない、抑えられると思っていましたね。

生涯で一番緊張した1993年第4戦での登板

——続いての登板は神宮球場での第4戦。川崎憲次郎投手が見事なピッチングを披露し、1−0と辛勝したゲームでした。

高津 この日の試合はよく覚えています。故障のため、川崎は、1992年は投げていません。彼がどんな思いで、1993年のマウンドに上がっていたのかはよくわかっていました。それにこの年は、(前年に活躍した)岡林(洋一)も、この年の前半に大活躍したトモ(伊藤智仁)も故障中でシリーズに出られなかった。彼らの分も「勝たなきゃいけない」という思いを感じたのが、この日のマウンドでした。

——この日の白眉が8回表、二死一、二塁の場面でライオンズ・鈴木健選手の放ったセンター前ヒットを、センター・飯田哲也選手が猛然とダッシュして、ホームへのノーバウンド送球で、見事にアウトにした場面です。

高津 この時、僕はブルペンから戦況を見守っていました。あのときの飯田の返球は今でも僕の頭の中に映像が残っています。普段とはまったく違う低い送球だったし、横から見ていたこともあって、まさかノーバウンドの返球だとは思わなかったです。自分の中では勝手に「ワンバウンドのいい球だな」と思って見ていました。

——8回を終えて1−0。9回表、ライオンズ最後の攻撃が始まります。この緊迫した場面でマウンドに上がったのが高津さんでした。

高津 引退後、「今までで一番印象に残っている試合は?」と聞かれたら、僕は必ずこの試合を挙げています。一番緊張した、一番興奮した、一番難しかった試合が、この試合でした。現役時代に何百試合と登板したけど、この試合だけは試合後のノドの渇きが尋常じゃなかったんです。ベンチ裏で記者さんに質問されても、きちんと答えることができなかった。いくら水を飲んでも、ずっとその状態でした。

——結果的に、この日は先頭の清原選手をフォアボールで出したものの、続く3人を抑えて高津さんにはセーブがつき、チームも勝利。対戦成績を3勝1敗とし、日本一に王手をかけました。今、あらためて振り返ってみて、そこまでの緊張状態だったのはどうしてでしょうか?

高津 前年に西武に負けていたということもあったし、先ほど言ったように川崎の思いもあったし、飯田の見事なバックホーム、古田さんのブロック、すべてをひっくるめた状態だったからでしょうね。もしも飯田がダイレクト捕球をして、あのバックホームがなかったり、川崎が前年も普通に投げていたり、1992年にヤクルトが西武にコロッと負けていたりしたら、こんな思いにはならなかったでしょうから。

——そして、この年のシリーズ三度目の登板が、3勝3敗で迎えた第7戦。得点は4−2、8回裏途中からのマウンドでした。

高津 7回まで1点差でリードしていたときには勝っている心地はしなかったけど、8回表にうちが1点を取って、これで少しだけ「こっちに(勝利が)近づいたかな?」と感じましたね。先発の川崎の調子がよかったので、「このまま最後まで投げるのかな?」という思いもあったけど、7回途中ぐらいには僕も「いつでもいけるぞ」という状態になっていました。

——その回はピンチを背負ったものの無失点で切り抜け、いよいよ最終回のマウンドに。

高津 とにかく、「先頭を取りたい」と思っていました。この回の先頭打者・石毛(宏典)さんを打ち取れば何とかなる。そんな思いでした。石毛さんをとてもいい形でサードゴロに打ち取り、「いけるんじゃないかな?」という気にはなりましたね。石毛さんのサードゴロで、「あと2つ」、続く清原さんを三振にして、「あとひとつ」、鈴木健を三振に打ち取って「やったー!」と、心の中でカウントダウンをしていました。

——悲願の日本一の瞬間、どんなことを感じていましたか?

高津 その瞬間は「やったー!」という思いしかなかったんですけど、表彰式が終わって祝勝会のために都内のホテルに戻るバスの中で、「あの西武に勝つなんて、オレたちとんでもないことをしちゃったんだな……」って、冷静に振り返ったことを覚えています。

——あらためて、この2年間のライオンズとの日本シリーズを総括してください。

高津 その後の僕の野球人生の基盤となったのが1993年のシリーズだったと思います。さらにその基盤となったのが、シリーズに出られなかった1992年の悔しさでした。あの悔しさがあったから、1995、1997、2001年にも日本一になれたし、メジャーリーグに挑戦することにもなりました。僕にとって、西武との2年間の日本シリーズは「基礎、基盤となった2年間」でしたね。

Sportiva

「高津臣吾」をもっと詳しく

「高津臣吾」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ