谷口徹との勝負で“丸刈り危機”!? 香妻陣一朗の負けられない理由

5月16日(水)18時29分 ALBA.Net

香妻陣一朗は谷口徹に負けられない!(撮影:佐々木啓)

写真を拡大

<関西オープン 事前情報◇16日◇小野東洋ゴルフ倶楽部(7,124ヤード・パー72)>

明日17日(木)に開幕する「関西オープン」を前に、ひときわ気合が入る選手がいた。それが香妻陣一朗だ。15、16日と練習ラウンドを精力的に行い、汗を流したが、その背景には燃える理由があった。それは一体?


初日を明日に控え、コースの印象や自身の調子について「OBが多いコースなのでティショットには気を付けたい。ショートゲームもイメージどおりの場所に球が止まるし、調子は悪くないです」と語った香妻。その表情からは充実感すらうかがえる。というより、今の香妻には 2つの 理由から調子が悪いといっている暇などないのだ。

その1つが“丸刈りの回避”だ。「中日クラウンズ」が行われた4月末。小平智谷口徹とともに食事をした香妻は、席上でこんな勝負を持ち掛けられた。「今シーズンの(国内ツアー)賞金ランクで谷口さんに負けた場合、丸刈りにしないといけないんです」。酒席などではよくある話。その日は 楽しい時間を過ごしたのだが、そんな矢先にあの出来事が起こった。

2週後の「日本プロゴルフ選手権」で、谷口が6年ぶりのツアー優勝。賞金3000万円を加算し、一躍ランキングトップに浮上したのだ。さすがにこれには「複雑な気分でした」と笑うしかなかったようだ。一方の香妻は、現在約383万円の賞金ランク54位。「早く追いつかないといけないんですよ〜」という顔には笑顔と焦りが入り混じる。ちなみに香妻が勝った場合は、「何をしてもらえるのか分からないんです。何かあると信じて勝ちたいです(笑)」。色々な意味でかなり分の悪い勝負になっているようだ。

もう1つの理由が、姉・香妻琴乃の「全米女子オープン」出場だ。今月8日に行われた日本最終予選で4位となり、初の海外メジャー出場を決めた姉について、「モチベーションになる」と素直な心境を語った。「あまり意気込まずに、数ある試合の1試合と思ってプレーして欲しい」とエールを送ったが、直後には「僕もメジャーに出たいです!」という本音も口をついて出た。

「コースイメージは悪くない。初日からいいスコアを出して優勝争いをしたい」と今大会に向け、気合を見せた香妻。まだまだ今シーズンは始まったばかり。今後コツコツと賞金を積み重ね、髪の毛を守った暁には…、海外メジャー出場のチャンスも十分視野に捉えられるだろう。(文・間宮輝憲)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

ALBA.Net

「谷口徹」をもっと詳しく

「谷口徹」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ