スズキ、キャビンが拡がった新型軽トラック「スーパーキャリイ」を発売!

5月16日(水)19時30分 日本版Autoblog



スズキは軽トラック「キャリイ」の室内空間を拡大し、さらに前後の誤発進抑制機能を標準装備した新型軽トラック「スーパーキャリイ」を、5月16日に発売した。

スーパーキャリイは、従来のキャリイよりもキャビンを後方に460mm拡大。これによって軽トラック・クラスでトップのリクライニング角度最大40°とシートスライド量180mmを実現した。大柄な人でも乗用車のようにゆとりある姿勢で運転できる(助手席側はリクライニング角度最大24°、シートスライド量100mm)。

全高もキャリイより120mm高い1,885mmのハイルーフ仕様となり、余裕ある頭上空間を確保。ファイル等の収納に便利なオーバーヘッドシェルフも標準装備する。

座席後方には、高さ920mm×横幅1,235mm×長さ250mmのシートバックスペースが用意されており、荷台に置けない貴重な工具、雨に濡らしたくない衣類や食品、大事な書類などを収納しておける。助手席には軽トラック初の前倒し機構を搭載。助手席の背面をテーブルとしてデスク作業や食事に活用できる。

荷台は床面をキャビン下まで伸ばすレイアウトを採ることで、キャリイより55mm短いだけの荷台フロア長1,975mmを確保。薄型の長尺物ならキャリイと同様に積載することができる。ただし、軽自動車規格の中でキャビンを拡大した分だけ、荷台長は1,480mmと、当然ながらキャリイより460mm短い。

車両の前方および後方には障害物を検知する計4つの超音波センサーを全車に標準で装備。シフトレバーで選択された方向に障害物があるにもかかわらずアクセルペダルを大きく踏み込むと警告音が鳴り、さらに強く踏み込み続けると最長約5秒間、エンジン出力が自動的に抑制される。これによってアクセルとブレーキの踏み間違いや、シフトの入れ間違いによる衝突被害を軽減できる。ただし、自動的にブレーキを作動させて車両を停止させる機能はない。

パワートレインはキャリイ共通。排気量658cc自然吸気直列3気筒DOHCエンジンが最高出力50ps/5,700rpmと最大トルク63Nm/3,500rpmを発生し、駆動方式は4輪駆動と後輪駆動、トランスミッションは5速マニュアル、3速オートマチック、そしてクラッチ操作とギアチェンジを自動で行う(マニュアルモード付き)5速オートギアシフト(AGS)から選べる。ボディ・カラーもキャリイ同様、白や銀の他にブルーイッシュブラックパールやガーデニングアクアメタリックなども含む計5色が設定されている。

消費税込み価格は、パワーウインドウやパワードアロック、電波式キーレスエントリーなども装備した「X」が110万2,680円(2WD・5MT)から133万9,200円(4WD・5AGS)まで。これらの装備のほか、助手席シートスライド、運転席・助手席リクライニング機構、助手席前倒し機構などが省かれた「L」なら97万4,160円(2WD・5MT)から121万680円(4WD・5AGS)まで。

日本版Autoblog

「軽トラ」をもっと詳しく

「軽トラ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ