日ハム清宮、第5打席で適時打 復帰後初マルチ安打&初フル出場

5月16日(木)16時19分 フルカウント

「3番・DH」で3戦連続スタメン、第1打席で2試合連続安打

 日本ハムの清宮幸太郎内野手が、16日に鎌ヶ谷スタジアムで行われたイースタンリーグのロッテ戦で復帰後初のマルチ安打を放った。3試合連続で「3番・DH」でスタメン出場。第1打席で右前安打を放つと、9回の第5打席では二塁への適時内野安打。復帰後初めてフル出場を果たした。

 初回2死で2試合連続安打となる右前安打を放った清宮。4回の第2打席は二ゴロ、6回の第3打席は一ゴロに倒れ、8回の第4打席は四球を選んだ。9回2死一、三塁での第5打席は成田のボールに詰まらされ、打球は二塁への力無いゴロに。打球が弱かったこともあり、これが適時内野安打となった。

 清宮はこの日4打数2安打1打点1四球で復帰後初のマルチ安打。前日の復帰後初安打に続いて、2試合連続で安打を放った。(Full-Count編集部)

フルカウント

「復帰」をもっと詳しく

「復帰」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ