人的補償の阪神尾仲、因縁の大和斬り!初対決制す

5月17日(木)23時4分 日刊スポーツ

阪神4番手で投げた尾仲

写真を拡大


<阪神3−6DeNA>◇17日◇甲子園

 阪神尾仲祐哉投手が因縁の初対決を制した。8回に4番手でマウンドに上がった。
 1死二塁で、打者は昨オフに阪神からDeNAへ移籍した大和内野手。フルカウントから投じた6球目。外角低めの変化球で空振り三振に仕留め、尾仲に軍配が上がった。
 「あまり意識せずにやろうとはしていたけど、何球かは力が入った球はあった。普通に投げることができてよかったです」。大和の人的補償で今季新加入。
 注目された対決で勝利した。この日は1イニングを投げ、1安打無失点。ここまで1軍昇格後3試合に登板し、0封を継続。中継ぎの一角として安定感を出し始めている。

日刊スポーツ

「阪神」をもっと詳しく

「阪神」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ