錦織、逆転で3回戦へ「攻めるプレーを心掛けたい」

5月17日(木)0時14分 日刊スポーツ

サーブする錦織(ロイター)

写真を拡大


<テニス:イタリア国際>◇16日◇ローマ◇男子シングルス2回戦

 世界ランキング24位錦織圭(28=日清食品)は、同4位のグリゴール・ディミトロフ(27=ブルガリア)に6−7、7−5、6−4で逆転勝ちし3回戦進出を果たした。過去の対戦成績は錦織の4勝1敗。3回戦はフィリップ・コールシュライバー(ドイツ)と対戦する。
 2時間55分を戦い抜いた錦織は、勝利の瞬間、両手を突き上げて喜んだ。「お互いいい試合ができた。出だしは僕のプレーも悪くなかった。(第1セットで)タイブレークを落としてちょっと考えたけど、プレーは悪くなかったので、落ち着いてリターンゲームができたと思う。(第2セット第8ゲームでブレークバックに)悪いときには後ろに下がって彼に左右に振られていた。(第8ゲームから)ふっ切れて劣勢からいいプレーができた。(次のコールシュライバー戦へ)強い相手なので長いラリーになるけど、しっかり攻めるプレーを心掛けたい」。
 世界4位を撃破した錦織が元トップ10の意地を見せ、粘りに粘って逆転白星で勢いをつけた。

日刊スポーツ

「錦織圭」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「錦織圭」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ