「どうせ今だけ」が合言葉 進撃の阪神に虎党の疑心暗鬼

5月17日(水)16時0分 NEWSポストセブン

好調は果たしていつまで続く?(金本知憲監督)

写真を拡大

 セ・リーグ首位・阪神の勢いが止まらない。広島との首位攻防戦で、球団史上最大となる9点差からの逆転勝利を含む3連勝。さらには52年ぶりの4連続完封を目指した巨人・菅野智之(27)を打ち砕くなど恐ろしいほどの絶好調である。


 阪神“広報紙”のデイリースポーツは〈神撃止まらん!〉〈9年ぶり20勝セ1番乗り〉〈12年ぶりVあるで〜〉と快進撃を伝え、大阪はまるで優勝したかのようなお祭り騒ぎである。しかし、トラ番記者はこの現象を「阪神ファンの不安の表われ」と話す。


「阪神ファンにはトラウマがありますからね。2008年には13ゲーム差を巨人に引っくり返され、2015年も9月に首位に立ちながら大失速。期待させておいてガックリというのが近年の“お家芸”になっているので、ファンも、この勢いが長く続くとは正直思っていない。今のうちに騒いでおこうという雰囲気が見えるんです」


 OBからも不安の声は尽きない。元阪神監督の藤田平氏が語る。


「広島は菊池(涼介・27)やジョンソン(32)らが戦線離脱、巨人は大型補強がまったく活かされていない。他球団が足踏みしているだけ。首位、首位って、昨年も4月は一時首位に立っていたからね……」


 藤田氏の弱気の虫はまだまだ騒ぐ。


「現在の好調を支える糸井(嘉男・35)、福留(孝介・40)、鳥谷(敬・35)たちベテランは疲れが出る夏場に調子を落とす可能性が高い。代わりとならなければならない高山(俊・24)や北條(史也・22)、原口(文仁・25)が低迷したまま。


 投手陣も大黒柱のメッセンジャー(35)や救援陣は期待通りの活躍ですが、エース・藤浪(晋太郎・23)は3勝しているものの、25イニング投げて21与四球など、安定感を欠いた状態。それにエラーの数はリーグワーストの30を超え、記録には現われていないミスも多い」


 なんだかBクラスのチームを評しているような……。


 5月30日からは交流戦が始まる。昨シーズンは交流戦10位と低迷した影響でBクラスに沈んだ“鬼門”だ。今年もファンに「トラぬ狸の皮算用」をさせてしまうのか。


※週刊ポスト2017年5月26日号

NEWSポストセブン

「阪神」をもっと詳しく

「阪神」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ