白鵬が“張り差し”から電光石火の上手投げで5連勝 「何も悪いことはない」と立田川親方

5月18日(金)7時0分 AbemaTIMES

<大相撲夏場所>◇五日目◇5月17日◇両国国技館


 休場からの復帰場所にもかかわらず、ここまで“格の違い”を見せつけている横綱・白鵬(宮城野)。五日目の取組では、まだ初日の出ていない前頭三枚目・大栄翔(追手風)を“張り差し”から電光石火の上手投げで圧倒。5連勝を飾った。

 何かと話題に上ることの多い横綱の“張り差し”について、AbemaTVで解説を務めていた元小結・豊真将の立田川親方は、とても分かりやすい語り口で持論を展開した。


 「張り差しは立ち合いの技術の中の一つ。的確なタイミングで、的確な場所に繰り出すことで、相手の軌道をズラすことができます。そこには巧さが求められるので、そう簡単にできることではありません。¬何も悪いことはないと思います」と話した。

 

 さらに親方は続けて「白鵬は厳しい相撲を取っている。これまでの取組を見る限り、休場明けのブランクはありません。相撲勘は戻っています」と、改めて横綱・白鵬が夏場所優勝の大本命であることをうかがわせた。 


 AbemaTVでは、大相撲夏場所の模様を序ノ口から結びの一番まで、全取組を生中継している。

(C)AbemaTV

▶白鵬の強烈な張り差し動画はコチラ

▶大相撲LIVE 夏場所

AbemaTIMES

「白鵬」をもっと詳しく

「白鵬」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ