時松隆光、S・ノリスが首位 石川遼は薄氷の予選通過

5月18日(金)18時1分 ALBA.Net

首位で決勝ラウンドを迎える時松隆光(撮影:佐々木啓)

写真を拡大

<関西オープン 2日目◇18日◇小野東洋ゴルフ倶楽部(7,124ヤード・パー72)>

国内男子ツアー「関西オープン」2日目の競技が終了。ともにツアー3勝目を狙う時松隆光とショーン・ノリス(南アフリカ)がトータル8アンダーまでスコアを伸ばし、首位タイで週末にコマを進めている。


1打差3位に池田勇太、2打差4位タイに2010年大会覇者の野仲茂、アンジェロ・キュー(フィリピン)、リャン・ウェンチョン(中国)が続いた。

初日に2オーバーと出遅れた石川遼は、5バーディ・2ボギー・1ダブルボギーの「71」とスコアを1つ伸ばし、カットライン上のトータル1オーバー・60位タイで薄氷の予選通過となった。

昨年覇者の今平周吾はトータル5アンダー・7位タイの好位置。2週連続優勝がかかる谷口徹は石川と同じく、トータル1オーバー・60位タイで決勝に進んでいる。

【2日目までの順位】
1位T:時松隆光(-8)
1位T:ショーン・ノリス(-8)
3位:池田勇太(-7)
4位T:野仲茂(-6)
4位T:アンジェロ・キュー(-6)
4位T:リャン・ウェンチョン(-6)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

ALBA.Net

「石川遼」をもっと詳しく

「石川遼」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ