ホンダ、「ジェイド」をマイナーチェンジ 新たに2列シート5人乗り仕様も追加

5月18日(金)16時0分 日本版Autoblog



本田技研工業株式会社は、「ジェイド」をマイナーモデルチェンジして、5月18日(金)に発売すると発表した。

セダン並みの低い全高と、スタイリッシュで個性的なフォルムの中に高いユーティリティーを実現したパッケージ、スポーティーで上質な走りを体感できるジェイド。これまであった3列シート6人乗り仕様に加え、新たに2列シート5人乗り仕様を追加し、「NEW STYLE WAGON」をコンセプトにマイナーモデルチェンジが行われた。

エクステリアには、「RS」にインラインタイプのLEDヘッドライト、ハニカムメッシュフロントグリル、新規採用デザインの18インチのアルミホイールを装着し、スポーティかつシャープなデザインを際立たせている。また、スポーティなスタイルをより低く印象付ける、ブラックルーフ仕様のエクステリアカラーを新たに設定。ボディカラーには「プレミアム クリスタル オレンジ メタリック」がRS専用色として用意されている。

「RS・Honda SENSING」「HYBRID RS・Honda SENSING」「G・Honda SENSING」に2列シート5人乗り仕様を設定し、後席には厚みのあるシートと広い足元のスペース、大型アームレストや反転テーブルなど、くつろげる空間を演出している。ラゲッジスペースにはゴルフバック4個、またはスーツケース4個を収納できる大容量スペースを確保した。

ガソリン車のRSには、走りの面でも専用セッティングを施し、伸びのある加速を体感できるCVT制御を新たに採用。高回転域でのCVTの加速フィーリング向上を狙い「全開加速ステップアップシフト制御」を追加して、エンジン高回転域でのステップ変速により、エンジンサウンドと加速の調和ある走りが楽しめるようになっている。また、制動時にエンジン回転数を上げる「ブレーキ時ステップダウンシフト制御」も設定され、安心感のある減速と、コーナー立ち上がり時などの再加速に備える俊敏なレスポンスを実現している。

「SPORT HYBRID(スポーツ ハイブリッド)i-DCD」はギアレシオと駆動力制御が見直され、発進加速時のアクセル踏み始めからのレスポンスが向上した。さらに、マニュアル車感覚で走りを楽しめるパドルシフトを全タイプに標準装備。安全運転支援システム「Honda SENSING」の機能もさらに充実し、歩行者事故低減ステアリング機能を新たに採用、全タイプに標準装備された。政府の推奨する安全運転サポート車「サポカーS ベーシック+」に該当する。価格は、239万8,680円〜308万8,800円。

「G・Honda SENSING(2列仕様/5人乗り)」は、 全長4660mm × 全幅1775mm × 全高1530mm、ホイールベース2760mm。直列4気筒DOHC1.5リッター ガソリン・エンジン[最高出力110kW(150ps)/5500rpm、最大トルク203Nm/1600-5000rpm]を搭載。

「HYBRID RS・Honda SENSING(2列仕様/5人乗り)」は、 全長4660mm × 全幅1775mm × 全高1540mm、ホイールベース2760mm。直列4気筒DOHC1.5リッター ガソリン・エンジン[最高出力96kW(131ps)/6600rpm、最大トルク155Nm/4600rpm]に電動機(モーター)[最高出力22kW(29.5ps)/1313-2000rpm、最大トルク160Nm/0-1313rpm]を搭載。

日本版Autoblog

「ジェイド」をもっと詳しく

「ジェイド」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ