WRC第6戦ポルトガルがスタート。2連勝狙うタナクが初日首位に

5月18日(金)14時20分 AUTOSPORT web

 5月17日、WRC世界ラリー選手権第6戦がポルトガルで開幕した。ラリー初日のデイ1はシェイクダウンとラリークロスコースを使ったSS1が行われ、事前のシェイクダウンはTOYOTA GAZOO Racing WRTのヤリ-マティ・ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC)がトップタイムをマーク。SS1では前戦アルゼンチンで2018年シーズン初優勝を遂げたオット・タナク(トヨタ・ヤリスWRC)が首位に立っている。


 フライアウェイ・ラウンドのアルゼンチンからヨーロッパに戻ってきたWRC。2018シーズン中盤戦、欧州連戦のファーストステージであるラリー・ポルトガルは、第5戦に引き続きグラベル(未舗装路)での争いとなる。


 17日(木)午前に行われたシェイクダウンでは、全長4.6kmのコースでラトバラが3分03秒5という最速タイムをマーク。これに0.3秒差でセバスチャン・オジエ(フォード・フィエスタWRC)、ティエリー・ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC)が2番手タイで続き、トップから0.7秒遅れの4番手タイにはクリス・ミーク(シトロエンC3 WRC)とアンドレアス・ミケルセン(ヒュンダイi20クーペWRC)が並んだ。


 第4戦ツール・ド・コルス、第5戦アルゼンチンの2戦続けてリタイアを余儀なくされているラトバラは「(シーズンの)序盤戦は厳しいラリーが続いたが、このラリーをシーズンの転換点にしたいと思う」とWRC.comに語った。


「3回の走行でセッティングに大きな変更はしていない。これはセットアップが正しいことを意味しており、クルマに競争力があると信じている」

ヤリ-マティ・ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC)
マッズ・オストベルグ(シトロエンC3 WRC)
アンドレアス・ミケルセン(ヒュンダイi20クーペWRC)


 迎えたSS1は同日19時過ぎから、ロウサダのラリーコースにおいて2台マシンが同時に走行するスーパーSSフォーマットで開催された。


 約3万人の観衆がスタンドを埋め尽くすなか、グラベルとターマック(舗装路)が入り交じる全長3.36kmのコースでトップに立ったのは前戦優勝のタナク。総合2番手はティーム・スニネン(フォード・フィエスタWRC)と王者オジエが首位と0.4秒差で続いた。


 総合4番手はスニネン、オジエから1秒遅れたミークとミケルセンが入り、僅差でヌービル、エルフィン・エバンス(フォード・フィエスタWRC)、ダニ・ソルド(ヒュンダイi20クーペWRC)、マッズ・オストベルグ(シトロエンC3 WRC)が続いている。


 トヨタ勢は昨年、ここポルトガルでWRCデビューを飾ったエサペッカ・ラッピ(トヨタ・ヤリスWRC)がタナクから1.8秒遅れの総合10番手に。シェイクダウンで好調をアピールしたラトバラは、エンジンが突然ストールするトラブルに見舞われて総合13番手に留まった。


 トミ・マキネン・レーシングからWRC2に参戦している勝田貴元(フォード・フィエスタR5)と新井大輝(フォード・フィエスタR5)はそれぞれ総合27番手/クラス14番手、総合30番手/クラス15番手で初日の走行を終えている。


 WRC第6戦ポルトガルのデイ2はSS2〜9の計8本のSSが行われ、この内SS2〜6はスペイン国境に近い北部のグラベルコースが舞台となる。一日の最後に待ち受けるSS7、8はボルトの街なかに設けられる市街地SSだ。8本のSSの合計距離は148.66km、リエゾン(移動区間)を含めた総走行距離は612.64kmとなる。

セバスチャン・オジエ(フォード・フィエスタWRC)
勝田貴元(フォード・フィエスタR5)


AUTOSPORT web

「WRC」をもっと詳しく

「WRC」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ