楽天・岩見は5発、鷹・長谷川は打率.382… 2軍で出番を待つ実力者たち

5月18日(金)12時2分 フルカウント

楽天のドラ2ルーキー岩見は3、4月の月間MVPを獲得

 開幕から30試合以上を消化し、各球団1、2軍の入れ替えを多く行っている。16日の公示では4年連続60試合以上登板の楽天・福山博之投手が1軍登録を抹消され、美馬学投手、小野郁投手、宋家豪投手が昇格した。そこでパ・リーグ6球団に絞り、今後昇格が期待される選手を紹介していきたい。

※成績は5月17日時点のもの

●北海道日本ハム
森山恵佑
成績:36試合139打数37安打6本塁打27打点1盗塁 打率.266

 ドラフト1位ルーキー・清宮幸太郎選手が4本塁打を放ち昇格したが、2年目の森山恵佑はそれを上回るイースタン・リーグトップの6本塁打。守備面に課題はあるが、それを補うだけの打撃力がある。

●楽天
岩見雅紀
成績:33試合95打数30安打5本塁打19打点0盗塁 打率.316

 6日に発表されたイースタン・リーグ月間MVPを受賞。5月に入りやや調子を落としているが、1軍の外野陣もペゲーロ、岡島豪郎ら主力組が不調だ。チームの雰囲気を変えるという意味でも、パンチ力のあるドラフト2位ルーキーを昇格させるのも面白いかもしれない。

●埼玉西武
相内誠
成績:6試合3勝1敗0S 34回1/3 防御率1.57

 登録名を誠から相内に戻した今季、3勝1敗、防御率1.57と安定したピッチングを披露している。5月15日の横浜DeNAとの2軍戦では7回1/3を投げて、7安打3失点に抑え3勝目を挙げた。開幕から2軍で結果を残しており、故障や不振の先発投手が現れたときに出番が巡ってきそうだ。

●千葉ロッテ
細谷圭
成績:28試合95打数30安打2本塁打22打点4盗塁 打率.316

 オープン戦まで1軍に帯同していた細谷圭だが、開幕は2軍スタート。2軍では4月6日の横浜DeNA戦から17日の巨人戦にかけて7試合連続安打。19日の巨人戦は無安打に終わったが、20日の北海道日本ハム戦から再び6試合連続安打で、その間4度マルチ安打をマークした。5月に入りチーム全体で打撃下降気味の打撃陣のてこ入れとして、昇格させてもよさそうだ。

●オリックス
松葉貴大
成績:5試合2勝1敗0S 29回 防御率2.17

 開幕1軍をつかむも0回2/3イニングを投げて1失点で、4月2日に1軍登録を抹消。降格後は4月21日の福岡ソフトバンク戦から3試合連続で、先発投手の指標のひとつであるクオリティ・スタートをクリアしている。

●福岡ソフトバンク
長谷川勇也
成績:25試合55打数21安打4本塁打18打点1盗塁 打率.382

 2013年に首位打者、最多安打のタイトルを獲得したことのある実力者。近年は故障により出場機会が減少し、今季はここまで1軍出場がない。それでも2軍では.382と高打率をマーク。5月16日の阪神との2軍戦では、代打で登場し本塁打を放った。(「パ・リーグ インサイト」編集部)



(記事提供:パ・リーグ インサイト)

フルカウント

「楽天」をもっと詳しく

「楽天」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ