明日19日から高校野球春季関東大会/見どころ

5月18日(金)8時37分 日刊スポーツ

花咲徳栄・野村佑希

写真を拡大


 春季高校野球関東大会が19日、千葉県(千葉県総合SC野球場ほか)で開幕する。センバツ4強で推薦出場の東海大相模(神奈川)など19校が参加。決勝は、23日(千葉県総合SC野球場)に行われる。
 ◆19日の見どころ
 花咲徳栄(埼玉2位)−専大松戸(千葉3位)は、両校のスラッガーに注目が集まる。花咲徳栄は昨夏の甲子園でも本塁打を放った野村佑希内野手(3年)、専大松戸は今里凌内野手(3年)の長距離砲が打線をけん引する。
 日大三(東京1位)は、桐光学園(神奈川2位)と対戦する。プロ注目の日置航主将(3年)擁する日大三の強力打線に対し、桐光学園は富田冬馬投手、谷村然投手(ともに2年)の好投手で対抗する。
 プロ注目の益子京右捕手(3年)が攻守の要の青藍泰斗(栃木2位)は、元横浜(現DeNA)のスカウト部長だった荒井信久監督率いる千葉黎明(千葉4位)と対戦する。
 ◆20日の見どころ
 横浜(神奈川1位)と明秀学園日立(茨城2位)は屈指の好カードとされる。横浜はエース板川佳矢(3年)、最速149キロの及川雅貴(2年)ら強力投手陣。明秀学園日立はプロ注目の増田陸内野手、芳賀大成捕手(ともに3年)ら強力打線を誇る。
 昨秋の関東大会8強でプロ注目の山下航汰内野手(3年)擁する高崎健康福祉大高崎(群馬1位)は、投打に戦力が充実する東海大甲府(山梨2位)と対戦する。ともに、昨秋の関東大会にも出場した。
 攻守で安定する木更津総合(千葉1位)は、プロ注目で最速147キロの草薙柊太、石井崚太、井田尚吾(ともに3年)の左腕トリオ擁する国士舘(東京2位)と対戦する。
 習志野(千葉2位)−作新学院(栃木1位)は、好投手の習志野・古谷拓郎(3年)と試合巧者の作新学院打線との対戦が注目される。
 県大会決勝でセンバツ出場の明秀学園日立を破った常総学院(茨城1位)は、強力打線の関東学園大付(群馬2位)と対戦する。
 センバツ4強で投打充実の東海大相模は、花咲徳栄−専大松戸の勝者と対戦する。垣越建伸(3年)ら投手力充実の山梨学院(山梨1位)は、日大三−桐光学園の勝者と対戦。1年から4番を務めた蛭間拓哉外野手(3年)擁する浦和学院(埼玉1位)は、青藍泰斗と千葉黎明の勝者と対戦する。

日刊スポーツ

「高校野球」をもっと詳しく

「高校野球」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ