LS北見が五輪後初国内試合で先勝「良いゲームを」

5月18日(金)18時23分 日刊スポーツ

LS北見対富士急 ギブアップした富士急の小穴(左)と握手するLS北見の藤沢(中)(撮影・西塚祐司)

写真を拡大


<全農2018パシフィックアジアカーリング選手権日本代表決定戦>◇18日◇北海道北見市・アドヴィックス常呂カーリングホール

 女子第1戦は平昌五輪(オリンピック)銅メダルのLS北見が9−2で富士急に先勝した。五輪後、チームとして初の国内試合を第9エンド(E)のギブアップで制した。
 第2Eにスチールされて1点を献上。だが直後の第3Eに3点を奪い逆転した。力強いスイープで次々とショットを決めて、第7〜9Eは連続スチールに成功した。約半年ぶりの国内大会にスキップ藤沢五月(26)は「久しぶりで観客が多いけど雰囲気が静かな感じが懐かしかった。前半はアイスリーディングが課題だったけど中盤に調整できた」と振り返った。19日は第2、3戦が行われる。「お互い良いショットを作り上げて良いゲームをしたい」と話した。

日刊スポーツ

「五輪」をもっと詳しく

「五輪」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ