軽井沢クがチームIWAIに快勝「リズムを作れた」

5月18日(金)14時22分 日刊スポーツ

SC軽井沢ク対チームIWAI ギブアップしたチームIWAIの岩井(左から2人目)と握手するSC軽井沢クの両角友(左端)(撮影・西塚祐司)

写真を拡大


<全農2018パシフィックアジアカーリング選手権日本代表決定戦>◇18日◇北海道北見市・アドヴィックス常呂カーリングホール

 男子第1戦は平昌五輪代表のSC軽井沢クが10−1でチームIWAIに快勝した。8点リードの第8エンド(E)に1点を加えたところで相手がギブアップした。
 後攻の第1Eに2点を先制した。第3〜5Eは不利な先攻でも得点を重ねた。第5Eは序盤からハウス内にストーンを集めると、相手のミスも重なり一挙5点をスチール。試合を決定づけた。スキップ両角友佑(33)は「1エンドで得点してリズムを作れた。次は相手も調整してくるので気を引き締めたい」と話した。第2戦は18日午後6時50分から行われる。

日刊スポーツ

「軽井沢」をもっと詳しく

「軽井沢」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ