近大が快勝で優勝へ望み プロ注目の小寺が3勝目

5月18日(金)14時31分 日刊スポーツ

近大対立命大 6安打1失点完投勝利を挙げた近大・小寺兼功投手(撮影・磯綾乃)

写真を拡大


<関西学生野球:近大8−1立命大>◇第7節第1日◇18日◇甲子園

 近大が立命大に快勝し、優勝へ望みをつなげた。
 1−1の5回に、2番牧野慎也内野手(4年=創成館)の勝ち越し2ランを含む6安打で一挙5得点。投げてはプロ注目の小寺兼功投手(4年=岡山理大付)が、6安打1失点10奪三振で完投勝利を挙げた。
 ここまで立命大に負けなしの小寺は「1戦も落とせないと思っていたので、うまくゲームが作れてよかった」と大きな今季3勝目。現在リーグは、立命大が勝ち点3で1位。2位の近大はここで負ければ優勝が厳しくなっていた。「まず明日取るのが一番。今日も投げましたが、明日投げられるように準備して、春連覇を目指して頑張りたい」と頼もしく話した。
 田中秀昌監督(61)も「トーナメントの気持ちで(ここから)4連勝しかないと思っていた。(立命大と勝ち点、勝率で並んで)プレーオフをするつもりです」と必勝を誓った。

日刊スポーツ

「快勝」をもっと詳しく

「快勝」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ