西城秀樹さん、J1川崎のハーフタイムで熱唱…中村憲剛「夏の風物詩でした。残念です」

5月18日(金)6時1分 スポーツ報知

16年7月、川崎・新潟戦のハーフタイムショーに登場

写真を拡大


 西城さんは過去に川崎市内に住んでいた縁もあり、サッカーJ1の川崎フロンターレを応援していた。2000年をスタートに、04〜06年、08〜17年とリーグ戦のホームゲームで「川崎市制記念試合」が実施される際にハーフタイムショーでヒット曲「YOUNG MAN」を熱唱してきた。今年も7月22日の長崎戦(等々力)のハーフタイムショーのオファーを出し、快諾をもらっていたという。MF中村憲剛(37)は17日、「(スタンドが)埋まっていない頃から(チームイベントを)やってくれていた。夏の風物詩みたいになってました。本当にさみしいです。お若いし、残念です」と話した。FW大久保嘉人(35)も「早いですよね」と残念がった。

 クラブは公式ツイッターで「わずか数分の出演にもかかわらず毎回毎回リハーサルから一切の妥協を許さない厳しい方でもありました。あの、等々力が一体となる瞬間が大好きでした」とツイート。20日のリーグ、清水戦(等々力)では黙とうを行い、喪章をつける予定になっている。

スポーツ報知

「川崎」をもっと詳しく

「川崎」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ