福田正博氏、ガーナ戦メンバーは「計算のできる選手」香川、岡崎選出は「経験、実績あるから」

5月18日(金)14時18分 スポーツ報知

香川真司

写真を拡大


 18日放送のフジテレビ系「バイキング」(月〜金曜・前11時55分)では、30日のサッカー日本代表の親善試合ガーナ戦(日産ス)の代表メンバー27人について速報した。

 ゲスト出演した元サッカー日本代表の福田正博氏(51)はメンバーの顔ぶれに関して「チームを短期間で追い込んでいかないといけないですから、計算のできる選手を入れたかなと思いますね」と見解。続けて「もう1つはコンディション。コンディションのところを見たいんで。香川とかコンディション分からないですし、岡崎も含めてですけど、コンディションの悪い選手も入れたのは、経験があるから、実績があるからだと思います」と話した。

 また、番組では本田圭佑(パチューカ)がイベントで「日本人のダメなところは海外のことを美化しすぎ」などと語ったことや、14日放送のNHK総合「プロフェッショナル 仕事の流儀」(月曜・後10時25分)で「プロフェッショナルとは?」の質問に「ケイスケ・ホンダ」と答えたことを紹介。

 サッカー好きで知られるタレントの土田晃之(45)は“本田節”について「ビッグマウスとかいろんなこと言って自分を追いつめるというかね。だからこそ自分が恥ずかしいプレーをできないようにするというのもそうだし」と理解を示し、「ほかの選手もなんかコメントしたってこんなに話題にならない。今、W杯、ぶっちゃけ日本盛り上がってないですよ。もうすぐW杯なのに。本田くんのこういうコメントはありがたいと思いますけどね」と話した。

スポーツ報知

「メンバー」をもっと詳しく

「メンバー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ