関学大、日大との関係は「徹底的に信頼関係が崩壊している」

5月18日(金)5時1分 スポーツ報知

厳しい表情と言葉で会見を行った関学大・鳥内監督(左は小野ディレクター)

写真を拡大


 6日の定期戦での日大アメリカンフットボール部選手による悪質なタックルで、QB選手が負傷した関学大は17日、兵庫・西宮市内の同大学で鳥内秀晃監督(59)と小野宏ディレクター(57)が会見した。日大・内田正人監督(62)ら責任者が被害選手へ、いまだ謝罪していないことなどに不満をあらわにした。抗議文に対する日大の回答書については「誠意ある回答とは判断しかねる」と指摘し、徹底した真相究明を求めた。

 —事態収束に何が必要か。

 鳥内監督「日大の中でも要職につかれている内田監督が、会見してわびるべき」

 —内田監督が公の場に現れない。

 鳥内監督「すぐ謝罪すべきだった。後手後手に回り(騒動が)余計に大きくなった」

 —真相究明に何が重要か。

 小野D「日大アメフト部自身が、それを統括する関東学生連盟の規律委員会が、その上位団体の日本協会が、しっかり調査するのが筋」

 —アメフトがこんな形で社会問題になってしまった。

 鳥内監督「非常に残念。(当該プレーを)見れば見るほど危険。約40年指導して、ああいうプレーは初めて」

 —納得いく答えとは何か。

 小野D「誠意ある回答。決して我々が想定する結論を押しつけるのではなく、真摯(しんし)な調査で、日大自身が真相を究明してほしい」

 —現在、日大との関係は。

 小野D「徹底的に信頼関係が崩壊している」

 —あの映像でアメフトが危険だと思われるが。

 小野D「どんな競技でも後ろから無防備の選手を傷つけることは(悪意があれば)できる。それがたまたまアメフトで起きた。区別して考えてほしい事案」

スポーツ報知

「関学大」をもっと詳しく

「関学大」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ