ロッテ・ドラ5渡辺 初陣3失点も井口監督評価「次回楽しみ」

5月18日(金)7時8分 スポーツニッポン

ロッテの先発・渡辺

写真を拡大

 ◇パ・リーグ ロッテ3—6オリックス(2018年5月17日 ZOZOマリン)

 ロッテはプロ初登板初先発のドラフト5位・渡辺が5回8安打3失点。初回は無死満塁を切り抜けたものの、「球が甘く入ってしまった」という2回は3安打に守備陣の失策が絡んで3点を与えた。

 それでも縦のスライダーにフォークを低めに集め、3回以降は無失点。勝敗は付かず、福島出身の24歳は「課題は多いが1軍で投げるためにやっている」と強気だった。井口監督は「しっかり踏ん張った。次回が楽しみ」と、6連戦が控える来週の再登板を示唆した。

スポーツニッポン

「ロッテ」をもっと詳しく

「ロッテ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ