安美錦“高齢対決”制した 豪風と2人合計78歳6カ月

5月18日(金)7時8分 スポーツニッポン

豪風(右)を引き落とし白星の安美錦

写真を拡大

 ◇大相撲夏場所5日目(2018年5月17日 両国国技館)

 現役最高齢関取の安美錦が、同2位の豪風とのおじさん対決を制して初日を出した。2人合計78歳6カ月は、1940年夏場所の大潮—藤ノ里戦の78歳10カ月に次いで、昭和以降史上2位の幕内高齢対決になった。

 呼吸が合わず3度目で成立した立ち合いから、安美錦が思いきって引き落とし。今場所苦しんでいるベテランは「褒められた相撲じゃないけど。白星が一番の薬になる」と、ホッとした表情を見せていた。

スポーツニッポン

「安美錦」をもっと詳しく

「安美錦」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ