日大、オープン戦が全て中止に 桜美林大戦も見合わせ「現状に鑑みて」 悪質タックル問題

5月18日(金)13時48分 スポーツニッポン

 日大の選手が関学大QBに悪質なタックルをした問題で、関東学生アメリカンフットボール連盟は18日、春季オープン戦として6月17日に東京都内で行われる予定だった日大—桜美林大が中止となったと発表した。これで日大のオープン戦は予定されていた今後の全試合が中止となった。

 桜美林大はアメリカンフットボール部の公式サイトで、「日本大学との春期オープン戦の実施見合わせについて」と告知。「5月6日に行われた日本大学と関西学院大学との試合において、日本大学の守備選手が悪質な反則行為を働いた件に関し、一般社団法人関東学生アメリカンフットボール連盟の規律委員会による調査が継続しており、同理事会による最終的な処分の決定がなされていない等の現状に鑑みて、本年6月17日に予定しておりました日本大学との春期オープン戦について、その実施を見合わせることといたしました」と説明した。

スポーツニッポン

「アメフト」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「アメフト」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ