中日・鈴木博19試合目で初黒星 誠也に痛恨被弾

5月18日(金)7時8分 スポーツニッポン

 ◇セ・リーグ 中日2—3広島(2018年5月17日 ナゴヤD)

 中日は2—2の9回に登板した鈴木博が役割を果たせなかった。先頭の鈴木に、初球の甘く入った149キロの直球を左中間席に運ばれた。今季19試合目の登板で初黒星。捕手の構えた外角寄りのミットと逆方向で、一発のある打者に対し、あまりにも注意を欠いた一球だった。

 森監督は「向こうに粘られて、一発で仕留められた」と悔しがった。打線もあと1本が出ず、11残塁。「こういう試合を拾っていかないと」と指揮官は厳しい表情だった。

スポーツニッポン

「中日」をもっと詳しく

「中日」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ