FC東京・森重「凄い残念です」日本代表から落選、苦しい胸中語るも前向く

5月18日(金)16時8分 スポーツニッポン

<FC東京練習>ファンと握手する森重(右)

写真を拡大

 W杯ロシア大会に出場する日本代表から落選したFC東京のDF森重真人(30)が、苦しい胸中を語った。この日、30日の親善試合ガーナ戦(日産ス)に向けた日本代表が発表されたが、前回のW杯メンバーである森重の名前はなかった。「今年に入って、ここを目標にしてきた。多くの人に助けられながらやってきた。凄い残念です」と話した。

 森重は昨年7月に左足首の手術に踏み切り、苦しいリハビリを乗り越えて今季の開幕から公式戦に復帰した。安定感ある守備が評価されて今年3月の日本代表ベルギー遠征に選出。FC東京では直近のリーグ3試合で完封に導くなど尻上がりに調子を上げていただけに、無念の落選となった。

 それでも30歳DFは「こういうことは人生でたくさんある。ここからまたどう過ごすかが、サッカー人、一人の人間として大事になる。そういう姿を見せたい」と現実を受け入れ、「大事なのは(20日の)鳥栖戦。中断前最後の試合で勝ち点3を取りたい。このチームのために戦いたい」と必死に前を向いた。

スポーツニッポン

「日本代表」をもっと詳しく

「日本代表」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ