大谷脱帽 バーランダーに4タコ3三振「打席で見た一番速い球」

5月18日(金)7時8分 スポーツニッポン

6回2死、アストロズ・バーランダーに空振り三振に抑えられる大谷

写真を拡大

 ◇ア・リーグ エンゼルス2—0アストロズ(2018年5月16日 アナハイム)

 メジャートップの防御率1・05。剛腕バーランダーに完敗を喫した。エンゼルス・大谷が16日(日本時間17日)のアストロズ戦に「2番・DH」で出場したが、今季ワーストタイの3三振を含む4打数無安打。5戦連続安打はならなかった。

 「こういうチャンスがないと気付かないこともある。いい勉強になった」

 初回はスライダーに空振り三振。4回の二ゴロ、6回の空振り三振は内角を攻められ、最後は外角球に屈した。9回はボール気味の外角高めの96マイル(約154キロ)直球で3球三振。通算2500個目の三振を献上した。

 前夜の対戦で99マイル(約159キロ)を計測したコールを含め「野球をずっとやってきて、打席で見た一番速い球。ここまで品のある球というか、スピードもなかなか経験したことがない」と脱帽した。

 ただ、相手が強いほど燃える。「いくら(お金を)払ってでも経験する価値のあること。クリアしていく楽しみというか、技術も含めて今後の自分にとって大事」。屈辱を味わいながらも、目を輝かせた。 (奥田 秀樹通信員)

スポーツニッポン

「三振」をもっと詳しく

「三振」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ