前回W杯メンバー、32歳青山が3年ぶり代表選出 西野監督絶賛

5月18日(金)16時38分 スポーツニッポン

30日のガーナ戦に向けたメンバー発表をする西野監督

写真を拡大

 日本サッカー協会は18日、ガーナ代表との国際親善試合(30日、日産ス)に臨む日本代表メンバーを発表し、27選手が選出された。

 バヒド・ハリルホジッチ前監督(65)が4月9日に解任され、西野朗監督(63)が就任して初めての対外試合。短期間でチームづくりを進めることになる西野監督は、J1リーグ戦を独走する広島から4年前の14年ブラジル大会メンバーでもあるMF青山敏弘(32)を選出した。

 2015年3月以来3年ぶりの代表招集となる青山はクラブを通じて「日本代表に選出されて光栄です。今回、選ばれたのはサンフレッチェ広島がJリーグで好調だからこそだと思っています。ここまで支え、応援していただいた方々に心から感謝します。ワールドカップで勝つために、今の自分にできることをすべて発揮し、全力でチームに貢献したいと思います」とコメント。

 西野監督は「今のチーム事情を彼が作っていると言っても過言ではないぐらい今の広島のサッカーを象徴する選手。経験はあるし、高く評価している」と広島で主将を務める青山に大きな期待を寄せた。

スポーツニッポン

「メンバー」をもっと詳しく

「メンバー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ