ケガ人悔やむ西野監督 35歳今野は「何としても、と思ったが…」

5月18日(金)14時58分 スポーツニッポン

30日のガーナ戦に向けたメンバー発表をする西野監督

写真を拡大

 日本サッカー協会は18日、ガーナ代表との国際親善試合(30日、日産ス)に臨む日本代表メンバーを発表し、27選手が選出された。

 バヒド・ハリルホジッチ前監督(65)が4月9日に解任され、西野朗監督(63)が就任して初めての対外試合。西野監督はすでにFIFA(国際サッカー連盟)に提出したW杯予備登録メンバー35人(未発表)のうちMF今野泰幸(35=G大阪)とFW小林悠(30=川崎F)の2人を急きょケガで外さざるを得なかったことを明かした。

 今野はボランチやセンターバックなど複数のポジションをこなせるのことが魅力のベテラン選手。だが、「重いオペ(手術)ではないが、それを受けなければいけない。この期間での復帰は望めないのでリストから外した」とし、「彼を欠かせない選手と評価している。何としても、と思ったが、リストに挙げた翌日にやむなく外した」と悔やんだ。

 また、昨季のJ1リーグ得点王でもある小林に関しては当初ガーナ戦のメンバーに選出していたとしたが、「今朝報告を受けた。2週間程度のケガを負った」とし、「彼も残念ながら外さざるを得ない」と残念がった。

スポーツニッポン

「ケガ」をもっと詳しく

「ケガ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ