インテル、ナポリに1-4で敗れる。4位後退でCL出場権獲得は最終節に持ち越し

5月20日(月)5時55分 フットボールチャンネル

【ナポリ 4-1 インテル セリエA第37節】
 
 イタリア・セリエA第37節、ナポリ対インテルが現地時間19日に行われた。試合はアウェイのインテルが1-4で敗れた。

 2位と3位の対戦となったこの試合は開始16分、インテル陣地でボールを奪ったファビアンがジエリンスキにパス、ワントラップから右足で打ったミドルシュートはゴール左上に突き刺さりナポリが先制する。

 その後は中盤の攻防が続き両チームともなかなかチャンスが作れず前半はナポリがリードして折り返す。

 来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得のためには勝利が欲しいインテルだが、ナポリに追加点を許す。61分、右サイドからカジェホンのアーリークロスをペナルティーエリア内でメルテンスが頭で合わせナポリが貴重な追加点を奪う。

 68分にはコーナーキックのこぼれ球を拾ったマルティネスがペナルティーエリア内でシュートを打つもナポリDFクリバリがゴールライン上でクリアしゴールならず。ピンチを凌いだ71分、ルイスが3点目を決め勝負を決める。

 上位対決となった試合は終盤に両チームとも1点ずつを取り合い4-1ナポリが快勝した。敗れたインテルは4位に後退し最終節にCL出場権をかけホームでエンポリと対戦する。

【得点者】
16分 1–0 ジエリンスキ(ナポリ)
61分 2-0 メルテンス(ナポリ)
71分 3-0 ルイス(ナポリ)
78分 4-0 ルイス(ナポリ)
81分 4-1 イカルディ(インテル)

フットボールチャンネル

「インテル」をもっと詳しく

「インテル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ