息できてるか…? 大谷翔平、まさかのセーフティバントで“異変”が起きた…! 相手投手のリアクションがヤバすぎると話題に「ショックだろうな」「さすがに可哀想」

2024年5月21日(火)23時15分 ABEMA TIMES

【MLB】ドジャース6-4ダイヤモンドバックス(5月20日(日本時間(5月21日)/ロサンゼルス)     

【映像】大谷、まさかのバントで相手投手に“異変”

5月20日(日本時間(5月21日)に米・カリフォルニア州ロサンゼルスのドジャー・スタジアムで行われたロサンゼルス・ドジャース対アリゾナ・ダイヤモンドバックスの一戦で、ドジャース・大谷翔平に、まさかのセーフティバントを決められた相手投手のリアクションが、野球ファンの間で話題となっている。

1回表・ダイヤモンドバックスの攻撃は、走者を出すも無得点で終わり、迎えたその裏・ドジャースの攻撃。1死走者なしの場面で打席に立った大谷は、ダイヤモンドバックス先発のジョセフ・マンティプリーが投じた初球、やや内寄りの変化球をいきなりセーフティバント。すると打球はマンティプリーのすぐ左前へと転がり、マンティプリーもすぐさまこれを抑えたものの、送球を焦ったのか、マンティプリーは一塁へと悪送球。大谷はまんまと一塁を駆け抜け、内野安打となった。

すると、意表を突かれる形で自らが犯したミスが腹立たしく思えたのか、はたまた、ショックを受けたのか、マンティプリーは、自身の送球が逸れ、大谷がセーフとなったのを確認するや、顔を伏せ、そのまま前屈みとなって上半身を沈ませるポーズとなった後で、なんともいえない表情を見せながら、その場でしばし佇むことに。

そのため、この場面を見たネット上の野球ファンからは「長打警戒したらこれかい!っていう感じやw」「ちょっと同情するw」「さすがにここでバントとは思わんもんな」「リリーフ経験が豊富なマンティプリーだからこそ逆にやられた感じもするわ」「ガッカリなのかイライラなのかわからんよな」「たぶん相当ショックだろうな」「さすがにちょっと可哀想よなw」といった様々な反響が巻き起こっることとなった。

(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

ABEMA TIMES

「大谷翔平」をもっと詳しく

「大谷翔平」のニュース

「大谷翔平」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ